DRAGON SOUL

Knight & Emily 〜fine difference power〜

第9笑

「0なん?」


「ん〜


    仕事中の笑顔くらいかなぁ


    かろうじて。


    食事は気をつけてるけど


    決定的に感謝ができてない」


「まぁ難しいけどな、実際」


「せやねん」


「この7つってさあ


    今の日本人にとって


    当たり前のことに感謝することやろ


    しかも


     感謝=行動


     になってるよな」


「さすが!


    思ってるだけやったらあかんねん


    意識しながら行動したり


    意識すんの忘れてても


    思い出すキッカケをつくっといたり


    ほんで


    最後の止心柱が姿勢やろ


    たぶん全てを貫いてんでこれ」


「うん


    餓死寸前とか


    外歩いてたら弾丸かすったとかが


    日常やったら


    ほんまにただただ感謝やろな


     でも、そうでない私らが


     感謝すべきことに気づいてないことが


     悪いわけではない


     けど


     普遍的に大切なことっていうか


     幸せって感じることって


     すでに持ってるって感じ?


     あと姿勢な


     ナイトもやるやん 」


「ちゃうねん


    例えば笑顔もな


    エミリィみたいなんは


    僕には無理やねん」


「そらそうさ


    私じゃないんやから」


「うん


    けっこー前に気づいて


    僕には僕にぴったりの笑顔っていうか


    結局相手に伝わるところの気持ち


    の表情をつくったらええって


    わかってん


    だから


    顔だけで笑ったら不自然やん?


    僕自身がもしそれをされたら


    気づいてまうから


    それはやめてん」


「あ〜  

   

    それで姿勢の大切さに気づいたんや」


「そうそう」


「いい表情しようとしたら


    いい姿勢しやなあかんもんな」

広告を非表示にする