読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DRAGON SOUL

Knight & Emily 〜fine difference power〜

第19笑

「でまあ

 

 いつ観るのをやめようかどうか

 

 という感じから

 

 そのまま一気に引き込まれた瞬間は

 

 ブラッドレーが

 

 仕方なくオードリーちゃんをうちに連れて帰ってたとき

 

 オードリーちゃんが

 

 ブラッドレーのお隣さんちにノックしようとするところを

 

 ブラッドレーが止めたとき

 

 あ

 

 これ喜劇やな

 

 と思てん」

 

「それで?ふーん。変なの」

 

「それにしても

 

 ローマの休日

 

 オードリーちゃんにとっての休日は

 

 一般ピープルの日常

 

 人間は実に不思議

 

 バランスが大事

 

 ないものねだり

 

 となりの芝生は青くみえる

 

 何気ない日常の中にこそ幸せは隠れている

 

 あと最近一人さんの

 

 素敵になるのに一円もかからない

 

 ってのを思い出して

 

 これかなりいいなって思って

 

 これ…目的にしてもええかなって 

 

 どんな状態が幸せ?

 

 どんな生き方がしたい?

 

 どんな人間になりたい?

 

 僕は友達がいなかったおかげで

 

 より深く自分と向き合うことができたよ

 

 何のために働くのかが自分でわかったよ

 

 稼いだお金をどう使うのかがわかったよ

 

 仕事中はどんな気持ちでいるのかがわかったよ

 

 休みの日はどんな気持ちでいるのかがわかったよ

 

 お金をなんのために稼いでいるのかがわかったよ

 

 稼いだお金をどう使うのかがわかったよ

 

 なんでこの職種を選んだのかわかったよ

 

 なんでこの商品やサービスで勝負するのかわかったよ

 

 結局パッと見カッコいい人になりたいよな

 

 富名声地位あっても

 

 パッと見人間的魅力なかったらよりダサいよな

 

 誰も見てないのに

 

 一円も儲からへんのに

 

 命の時間を使って

 

 道端のごみ拾いできる人って素敵よね

 

 公共のおトイレで手を洗った後

 

 ハンカチーフくぅださい~でスッと水滴拭けたら素敵よね

 

 東京駅の階段で重いスーツケースを

 

 ヨイショヨイショってしてる女の子に

 

 そこまで持ちますよって素敵よね

 

 これお金があればとかいいとこに就職できたらとか

 

 友達や人脈が多かったらとかいい恋人がいたらとか

 

 うちの親が子供が先生が上司が部下がとか

 

 なーにも求めなくても

 

 たった今から素敵になれるよね

 

 人が羨む肩書家庭住まい車環境を手にしなくてもなれるよね

 

 むしろ僕の場合

 

 そういうのを手にしたときノーブレス・オブリージュっていうか

 

 あまり得意でないのよね

 

 それ考え出すとパンクして動けんというか

 

 そうそう

 

 ありあまるお金と時間を手に入れた

 

 なにしてますか

 

 時間を気にせず昼前に起きてワンちゃんとお散歩

 

 ゆったりお買い物豪華ディナー

 

 自由手に入れてやることそれですかみたいな」

 

「でもさー

 

 そのめっちゃ稼げて時間もあるっていう状態は

 

 企業のトップやったらそうでないとあかんやろうし

 

 その人はその状態やけど儲けるシステムができてて

 

 雇用も生んでるんやったらいいやん」  

 

「確かに!

 

 それにその自由時間とお金を使って

 

 仕事に再投資してるかもしれへんしな。

 

 ごめんごめん

 

 なんか雰囲気的に金持ち批判みたいになって

 

 なんちゅうの

 

 あの

 

 もう完全自己評価でいいなって

 

 人に喜んでもらうとかも

 

 あんま考えやんでいいなって

 

 世界平和考えるんやったら

 

 まず家族を大切にしてください

 

 となりの人を幸せにしてください

 

 とか聞いたことあるけど

 

 ぶっちゃけムズイよ

 

 それよか

 

 僕のした単純作業が~

 

 この世界を回り回って~


 まだ出会ったこともない人の~

 

 笑い声を作ってゆく~

 

 ってミスチルの『彩り』の歌詞のように

 

 なんやようわからんけど

 

 今の環境で

 

 今ある手持ちの武器で

 

 なんとか全力で戦う

 

 ってのでええんちゃう

 

 「その後は神の領域」…確か女性の作家さんのフレーズ

 

 っておおっと!!

 

 やばいぞまた話がそれはじめた!

 

 素敵に生きるって素敵をうまく伝えきれず到着!」

 

「どこまで連れていくんかと思ったら

 

 六本木から恵比寿まで歩いてきたやん!」

 

「けっこう近いやろ?」

 

「そーでもないけど」

 

「徒歩1時間以内は近いというのだよ」

 

「そーですか」

 

「恵比寿は好きやねん綺麗やし」

 

「ちょっと休も!」 

広告を非表示にする

第18笑

「まぁそこで おっ となりました」

 

「ふむ それで」

 

「はい その後 

 

 アン王女がベッドで

 

 センキュとかおっしゃっているあたりから

 

 ストーリーは見えてきました」

 

「ほう」

 

「タイトルが『ローマの休日』ですから」

 

「なるほど そこから推測できたわけね」

 

「左様、拙者の読みが確信に変化したのは

 

 オードリー殿が脱獄したときでござるよ」

 

「脱獄?」

 

「脱獄ではござらぬが

 

 間違った表現とは言い切れぬでござるよ」

 

「ふーん」

 

「まさに休日と決定したのはスペイン広場や!」

 

「あっそれは知ってる!」

 

「僕も見たことなかったときでも知ってたよ」

 

「うん、それは有名やんな」

 

「うんうん ジェラートや!」

 

「うちも食べたい!」

 

「なんてミーハーな!今ここで食え!コンビニで買って!」

広告を非表示にする

第17笑

「もういいや

 

 説明すんの苦手やし

 

 もし今度来たとき

 

 真実のなんとかが残ってたら話すわ」

 

「おっけい」

 

「んじゃ てくてく歩いて話そか」

 

「ほいほい」

 

「名作って言われてる映画って

 

 永く愛されるだけあって

 

 やっぱり何かあるんやろうな」

 

「ぼくが

 

 たまたま本屋でっていうか

 

 さっき居てたようなブック×カフェで

 

 本読んでて

 

 テンション上がって

 

 なんか血迷って

 

 英語やってみよか

 

 って気分になって

 

 たまたま英語のコーナーに行ったら

 

 オードリーは最高の英語の先生!とかいう帯を見て

 

 ピンときて買ってしもてん」

 

「ほー」

 

「それですぐ見てん」

 

「はー」

 

「ほんですぐ見るのやめてん」

 

「へ?」

 

「いやな

 

 まず白黒やん

 

 いきなりなんかのアナウンスやん

 

 で

 

 王妃かなんや知らんけど

 

 あのロココっぽい感じがこう…なんちゅうの

 

 性に合わんというか

 

 まぁ見る気が一瞬でなくなってやめたの」

 

「でも

 

 ろーむなんとかなんとかろーむ

 

 ってセリフゆってたやん」

 

「見ましたよ

 

 後日

 

 もう後日の後日くらいに

 

 時間があって

 

 も ぬうぁんにゅいもやる気がしまーせん!

 

 ていうときに

 

 しゃーなしやで

 

 しゃーなしにオードリーでも見たるかって

 

 ぶぉけーってみててん」

 

「ふんふん」

 

「そうしましたら

 

 ちょっと

 

 あれ?っと」

 

「はぁい?」

 

「いやね

 

 あの…アン王女が

 

 いわゆるオードリーちゃんがね」

 

「えーえー」

 

「ウエディングドレスみたいな

 

 ながーいの着ててですね」

 

「はい」

 

「立ってるんですよ」

 

「立ってる!?」

 

「立ってるんですよ!」

 

「立っているのですか!」

 

「そーうなんですよ!」

 

「そーうなんですか!」

 

「立ってるんです!!!」

 

「せやからなんやねん!!!」

 

「ちょっとこわいですよエミリィ」

 

「進めなさぁい」

 

「はいかしこまりました」

 

「立っ て いる の で す  んが」

 

「はぁい それで?」

 

「あいさつを受けている!

 

 なんか知らんけどたぶんいろんな国の代表から!」

 

「そして!?」

 

「アン王女いわゆるオードリーちゃんが退屈していました!!」

 

「それで!?」

 

「アン王女いわゆるオードリーちゃんが

 

 ながーいウエディングドレスみたいなスカートで

 

 見えないことをいいことに

 

 足で脚をかいていました!!!」

 

「なんですとーーー!?」

 

「アン王女いわゆるオードリーちゃんは!

 

 格式高いユアハイネスにもかかわらず!

 

 表敬訪問中のローマにおいて!」

 

「まさかーーー!?」

 

「しかも!

 

 足で脚をかいたために

 

 くつがぬげちゃったんです!」

 

「そんなことがあってよいのでしょうか?」

 

「なりませぬ!」

 

「ですよね!?」

 

「断じて!!」

 

「おっしゃる通りでございます!」

 

「アン王女いわゆるオード…ふげっ!」

 

「長いねん!その呼び方!じゅげむか!?」

 

「失礼いたしました!

 

 えー改めまして…

 

 アン王女いわゆるオードリー・ヘップバ…ばばばばーん!」

 

「長なっとるがな!しばくぞ!」

 

「うう…四連打…痛いっっっっエミリィこわいす」

 

「話全進まへんやん」

広告を非表示にする

第16笑

「ローマばいおーるみーんずろーま」

 

「そうです」

 

「わからん!」

 

「ふふふ、これは『ローマの休日』という映画で

 

 オードリーのゆったセリフなのだよ」

 

「どゆ意味!?」

 

「それは、

 

 教えてあげないよ

 

 ジャン♪」

 

「なっつかし~ ポリンキーのCMやん」

 

「教えてあげないついでに

 

 ここから比較的近いとこのサイゼリヤに移動しよっか」

 

 

てくてくてく

 

 

「で、なんでサイゼリヤなん?」

 

「ここに来たのはほかでもない」

 

「は?」

 

「えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

 

「は!?!」

 

「なんということでしょう」

 

「改装工事のため今日と明日… 閉まってるやん!」

 

「うっふ~ ツイてるね~」

 

「ま、しゃーないやん」

 

「YES!」

 

サイゼリヤやったら他にもあるやろ?」

 

「ちゃうねんてちゃうねんてここしかあかんねんて」

 

「何がぁ」

 

「いやいやいやいや

 

 ここを下りていった店舗の入り口の前にな!

 

 真実のなんとかがあるねん」

 

「真実のなんとか?

 

「そやねん

 

 真実の口…?やったかな何やっけな

 

 とりあえず金色の太陽に顔彫ってあって

 

 口…穴あいてたっけここのは?」

 

「まったくわけわからん」

広告を非表示にする

第15笑

「Rome! By all means, Rome.」

 

「ろーむ?、、、って何?」

 

「知らんの!?

 

 ロームって言っても、

 

 僕が京都を発つちょっと前にできた

 

 ロームシアターとは関係ないで」

 

「いやウチ京都行ったことないし知らんから」

 

「ちなみにロームってローマのことな」

広告を非表示にする

りまいん第で笑

田端さんオスライオン

レオの子供リーダーいざというとき百獣の王

仕事大前研一さん置き換え能力

一つにどれだけ心を込められるか

声優所作井上まりな置き換え

そうしけんしん一滴のピュアマヨ尊敬 

合わせようとすると疲れる

ぶっとんだ突き抜けたレベルでやる

自分を信じるはるか高い視点でやる

求めない許す感謝

愛で動く愛で感じる愛がベースで判断する

愛か恐れか

広告を非表示にする

第14笑

「ナイス⁉︎」


「うんナイス」


「ないすとぅみーちゅー」


「よろしく?」


「英語ってなかなかどうしてステキよね」


「あー、直訳するとフゥ〜ってなるな!」


「ないすとぅみーちゅーも


    単なるよろしくじゃなく


    出逢いそのものに感謝


    あーのひあーのときあーのばーしょで


    関係をもてた奇跡に不思議


    なんかあったかいんだからぁ〜


    って感じ」


「ウチもそう思う⤴︎」

広告を非表示にする